>  > オンラインゲームから鞍替えした理由

オンラインゲームから鞍替えした理由

とあるオンラインゲームにハマっていました。ニートということもあって起きている時間はすべてそれ。オンラインゲームの住人としてそれなりのランキングだったのもあって、そこでは自分の理想のような世界が広がっていたんですけど、今ではそんな世界から卒業して風俗にハマるようになりました。その理由はオンラインゲームが終了すると。はっきり言ってムカつきましたよ。それまでにかけた時間とお金が戻ってこないとは分かっていてもやり切れない気持ちになりました。それにオンラインゲームの中でどれだけ良いステータスを得ていたとしても、結局それはオンライゲームという世界があってこそ。運営が用意した世界がなければ自分はなにもなかったってことに気付かされたんです。運営終了とのことでオンラインの世界から現実に戻ってきて、それで風俗にもお世話になるようになっていますが、やっぱり現実の生身の女の子にいろいろなことをされるのは男として最高ですね。

美人は燃える。これは常識です

美人は燃えるってことは風俗に限らず男の常識と言って良いんじゃないですかね。どんなシチュエーションであれ男は美人って存在がいると勝手にテンションだって高まります。女がいない飲み会なんて意味がないって豪語する男だってたくさんいるじゃないですか。それくらい男にとって女の子って存在そのものが特別だと思うんですけど、この前相手をしてもらったAさんは本当に美人だったので燃えました。自分が意識するでもなく、勝手にテンションが高まっていったような気がするんですよね。でもそれだけで彼女を指名した価値があったんじゃないかなとも思うんですよ。風俗って女の子だけじゃなく、自分自身がどれだけやる気を出すのかによっても満足度は大きく変わってくると思うんですよね。つまり、彼女の美貌はこちらのモチベーションを高めたってことなんです。それだけでも彼女を指名した甲斐があったんじゃないかなって思っていますし、実際に指名して良かったなと。

[ 2016-12-26 ]

カテゴリ: 風俗体験談